ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
200512<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200602
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「全員集GO」予測(妄想編)
直前のエントリーで真面目に考えた結論が「わからない」でしたので、ここはあまり深く考えずに身勝手な提案をしてみましょう。といってもワンダフルハーツ及びエルダークラブ公演を全く考慮しないとなるとハロプロコンそのもののプロデュースになってしまうので、ある程度生かすことを考えましょう。


両公演とも本来の持ち歌を本人が歌わない、所謂カラオケコンがセットリストの多くを占めていましたが、両者には明確な違いなありました。ワンダフルハーツは歌う曲が大体決まってて場当たり的に人員を配した印象があるのですが、エルダークラブは明らかに「安倍チーム」「松浦チーム」「後藤チーム」の編成ありきで曲が決まっていました。エルダークラブのこのような構成は新鮮で面白かったのでこれを生かして、さらに増強する形でチームを編成した方が今年のハロプロコンとしてオリジナリティが出て記憶に残りそうです。

そこで去年は「DEF.DIVA」というユニットもあったことですし、新たに「石川チーム」を編成するのはどうでしょうか。勿論ワンダフルハーツ全員をここに割り振るのではなく、おおよそ均等になるように割り振ります。各ユニット30分程度の時間を与えて、人数が増える分エルダークラブ公演ほどの密度は再現できないにせよ、メリハリはつけやすそうです。2時間半という公演時間なら、最後に全員でのパフォーマンスもできるでしょう。


あるいは全く別の考え方で、昨今の「カラオケコン」に対するカウンターという意味で、ワンダフルハーツやエルダークラブで歌われた楽曲群を全てオリジナルの歌い手に歌ってもらう、というのも魅力的です。もっともこれはあえて取り上げるまでもなく、ファン大多数の悲願でしょうか。やろうと思えばタンポポやプッチモニの曲を歴代のメンバー合同で歌ったりして、これまでにない盛り上げを作れると思うんですけどね。


1曲単位で希望を挙げるとすれば…実現すれば2003年の娘。コン以来となる「なっちとかおりでの『モーニングコーヒー』」を挙げておきます。そう、今日は気がつけば1/28なのです。(8周年おめでとう!)


書きそびれてましたが、私自身今日の公演は観に行きます。このエントリーで挙げた希望は実現しないかもしれませんが、メンバーの力には信頼しきっているのでそれは別にして思いっきり楽しんで来たいと思います。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。