ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
200606<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200608
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/9 安倍なつみカジュアルディナーショウ 広尾ラ・クロシェット
最近定期的に開催されていたなっちのディナーショウ、個人的にはかなり久しぶりで11ヶ月ぶりの参加でした。去年の8月と比べてなっちの持ち歌・歌唱力とも遥かに充実しているのでかなり高い期待をしていましたが、その期待を下回らない素晴らしいステージでした。

来場者全員にとって真のメインディッシュであろうステージの話の前に、料理の話もしておきましょうか。私が参加した夜公演のメニューは

穴子の燻製とライスサラダ
鶏とトリップの白ワインビネガー煮
ブランマンジェ パイナップルとパスティスの香り

でした。とやかく言われることもあるようですが、少なくとも今日のメニューはなかなか美味しかったですし前回もそうだったので、個人の味覚次第でしょうね。これらのメニューが予定よりやや早い時間から出てきて、18時半ごろには食後のコーヒー含めて全て食べ終わりました。30分ほど同席者と会話を交わしながら過ごし、19時ほぼピッタリに公演スタートです。


01.夢ならば

オープニングは4thシングルで歌われる機会も多い『夢ならば』ですが、もうこのあたりの曲は安心して聞けます。オープニングだからこそ無難な選曲とも言えますが、もうこの選曲に不満を言えるほどの曲がなっちには揃ってると確信しています。歌の後に簡単な挨拶とMCがあって次の曲へ。

02.ちょっとずつね。

この曲大好きです。特にBメロにあたる歌詞を聞くと毎回ハッとさせられます。今回は狭い空間だったからか、より優しい表現をしていたように感じました。

03.せんこう花火

この曲をフルコーラスで聞けるのも久しぶりです。サビで少しだけフリを踊りかけていましたが、基本的にはフリはなく、2コーラス目は恒例の客席巡回タイムでした。このキュートな曲を歌いながらこちらへ来てくれると、どうしても顔がほころんでしまいますね。

ここで次の曲へ行く前フリとして、今回は夏を意識したステージにしていることを説明。実際にハワイアン風にアレンジされた曲が何曲かありました。そしてそんなMCの後に紹介された曲は、意外にも男性ヴォーカルの定番曲でした。

04.真夏の果実(サザンオールスターズ)

普段の歌声からあまり気付かれない部分かもしれないですが、私に言わせるとなっちによる男性ヴォーカルのカバーには、不思議で魅力的な何かがあるんです。なっちは最近では高音もかなり伸びやかに出るようになりましたが、私は元々低音に魅力があると思っているので、男性の歌が案外嵌るのではないかと。この曲だけフルサイズではなかったので、そこだけ少し残念ではありました。

意外なカバーに酔いしれた後、ここでこの選曲を上回る意外な事実が暴露されます。なんとなっちは最近までこの曲を知らなかったとのこと。誰か他の方のカバーを聞いて原曲を調べたらサザンだったということがわかったらしいです。そのまま夏というテーマで小さい頃の話になりました。地元の祭の話が主でした。

05.晴れ 雨 のち スキ

この曲はステージにある椅子に座りながら、ハワイアンアレンジをバックに歌っています。面白い試みでこれを聞けたのは嬉しかったんですが、最近あまり歌わなくなっていた曲ということもあって、オリジナルに近い雰囲気でもう1回聞きたくなってしまいました。この曲は途中歌詞がわからなくなってしまった部分がありました。

06.恋した女の子どすえ

ディナーショウでは歌ったことのない曲という簡単な前置きの後に歌われたのは、確かにディナーショウの雰囲気とは一線を画すこの曲でした。こちらもハワイアンアレンジになっていて、さすが上手にまとめられています。そして後述しますが、この曲に代表されるようなアップテンポな曲が多かったのは今回の特徴でした。

ここでまた少し時間を取ってMCに入ります。この回は7月1日2日で沖縄へ行った話を聞かせてくれました。沖縄に着いたと思ったらまだ羽田にいた話から始まり、そこの待ち時間でおもちゃのカバを買って知らない子供に「ドッキリ2006」を仕掛けた話や沖縄で豚足を食べた話など、次から次へと数珠繋ぎで出てくる話題で楽しませてくれました。

07.恋の花
08.あなた色
09.F.O.

この3曲が今回のディナーショウのテーマをよく表していると言えそうです。パーカッションなどを駆使してかなり派手なアレンジを実現していて、なっちも踊る必要がないので歌の強さにより力を注げているようでした。さらに、普段は定番の合いの手が入ってしまうような曲をクラップのみの中で聞けるのも素晴らしいです。この中で気持ち良かったのが『恋の花』で、楽しかったのが『F.O.』でした。

ここでようやくバンドメンバーの紹介。今回の紹介ではそれぞれの方となっちとである程度トークもあり、メンバーとの連携も高められている印象があります。こういうシーンは細かいながら嬉しいです。ちなみに今回のキーボードは『おとめちっくBANK』でお馴染みとなった岩崎肇さんで、観客のリアクションも非常に良かったです。

10.空 LIFE GOES ON

もはやなっちファンにとっては説明不要の曲ですね。歌、アレンジもさることながら、岩崎さんによるハーモニーが『おとめちっくBANK』で培った関係を感じさせてくれる点も素晴らしいです。これもまた今回のステージで忘れられない1曲でした。

11.腕組んで帰りたい

これもまたハワイアン風だったでしょうか。コンサートの定番曲ですが生演奏で聞けたのは初めてで、さらにこの曲も過剰な合いの手なしに聞けるのが私には強く印象的でした。ますます大好きになった曲です。

ということで、全11曲で楽しかったディナーショウも終了です。今回は夏をテーマにしてアップテンポな曲に挑戦した結果、恐らく過去のセットリストと比べても1,2を争う出来になっていたのではないかと思っています。こんな素晴らしい公演に参加できたことを感謝すると共に、今後の歌手としてのなっちにも大きな期待を抱かずにいられません。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。