ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年度末のリリースラッシュ
この時期ハロプロはコンサートなどの予定はあまりないですが、代わりにCDやDVDのリリースが多くありますね。コンサートだと決められた時間に観なければならない反面、こういう作品は好きな時に見たり聞いたりできる分、後回しにしているものも多いです。

そんな中でもせめてCDは買ったら早く聞くようにしてます。最近は『桜チラリ』『☆☆☆』などですか。『VERY BEAUTY』は買えてないんですが、この後も『25~ヴァンサンク~』『LU LU LU』『SEXY 8 BEAT』『Unforgettable』など目白押しです。

それにしても特に今年からですかね…リリースが立て込んでいるにもかかわらず、出る作品どれもなかなか面白いものを揃えてきているように思います。ずっと言われてきた「制作側の分業化」「ユニットイメージをふまえた楽曲」など、かねてから指摘され続けていたことを修正できてきているのが要因でしょうか。

ただ、個人的にはこれを「つんく♂さんが関わってないから質が良い」などという言い方をするのは好きではなかったりします。言うまでもなく近年稀に見る名曲『笑顔YESヌード』はつんく♂さんが手がけていますし、他にも上記した曲でつんく♂さんが関わっているものはあります。また、つんく♂さんが全くクレジットに出てこない『☆☆☆』にしても、個人的にはつんく♂さんが築いてきたハロプロイズムとでも言うべき考え方が込められたアルバムだと勝手に思っています。例えばまだ小春ちゃんの歌唱力が十分とはいえない段階で、あえて試練というべき聞かせる曲を多く与えているところなど、ですね。

あまり焦点がハッキリしていませんが、とりあえず言いたいことは、最近のハロプロはまた音楽的に盛り返しつつあるんじゃないかということです。今後のリリースに期待するのはもちろん、つんく♂さんをはじめとした制作陣には質だけでなくユニットの継続性にもこだわった作品を続けてもらいたいところです。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。