ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/17 昼公演 ハロ☆プロ オンステージ!2007 『Rockですよ!』  日本青年館(ネタバレあり)
土曜日に2度目の『Rockですよ!』を観てきました。レポのタイミングが遅れてしまいましたが、最終日の感想ではないのでご注意くださいね。

まずこの公演、大きく2通りのセットリストが存在し、さらに日替わりの曲も1曲あったらしいですね。私は2回とも(1曲除いて)同じセットリストだったんですが、今回に限ってはそれほど悔しくもなかったです。やはり演奏も生なので1公演1公演の違いも普段より大きく出てきますし、何よりも中身が面白いから同じセットリストでも何ら問題なく楽しめました。

ということで、17日のセットリストに沿って感想を書いていきます。なお、曲に対してオリジナルの歌い手と異なる場合だけ、誰が歌ったかも表記することにします。


01. 恋愛戦隊シツレンジャー / 全員
02. さあ、早速盛り上げて 行こか~!! / 全員

いきなり本気です。容赦ないです。ドラム叩きまくりでCD音源が比較にならないほどの迫力。元々評判の良い『さあ、早速盛り上げて 行こか~!!』はモチロン、シツレンジャーが今回カッコ良かったですね。


03. LEATHER
04. かわいい彼

軽く最初の挨拶のMCを挟んでから、まずはメロン記念日コーナー。私は冬のコンサートへ行ってないので『LEATHER』は(厳密には11日の公演で)初めて生で聞きました。全編シッカリとしたフリが付いているのは冬のツアーもそうだったんですかね。そして次の『かわいい彼』は私が生演奏で観て、印象の変化率が最大だった曲です。メロンが歌うという意味でも、中途半端なトランスよりバンドサウンドの方が俄然好きです。


05. 恋愛レストラン
06. お願い魅惑のターゲット

前後の曲より聞かせる要素の多い『恋愛レストラン』は良いアクセントですが、アコースティックギターも生ならなお良かったかも。『お願い魅惑のターゲット』は既にメロンの代名詞といえる曲に成長していますけど、生演奏を聞いてしまうと初めて本来の姿を見た気がします。


07. ポジティブ元気!
08. きっと彼氏が出来る方法

ここから後藤真希編ということで改めて景気付けの役割を担っている『ポジティブ元気』もアツい!ここらへんではもう大抵何が来ても騙されてしまうというか、完全に雰囲気に乗せられちゃってます。次の『きっと彼氏が出来る方法』は不勉強でほとんど覚えていなかったんですが、まっすぐなロック中心のこの構成では異質な雰囲気でアクセントになってるように感じました。


09. 涙の太陽 / 後藤真希
10. うわさのSEXY GUY / 後藤真希(ティンバレス:メロン記念日)

次の2曲はやや変化球といったところでしょうか。メロン記念日がカバーした『涙の太陽』をごっちんが歌ってます。これはセットに柵が降りてきて演奏陣の姿を隠していて意味がわからなかったんですが、今考えると次の曲の準備のためなんでしょうね。その準備とは『うわさのSEXY GUY』のティンバレスのことで、メロン記念日が4人揃ってイントロで叩きます。これは意外に…と言っては失礼ですが、キチンとやってる印象でした。


11. 香水
12. さよなら「友達にはなりたくないの」
13. 秘密

5人揃って長めのMCがあった後、この3曲はアコースティック志向で着席しての鑑賞です。『香水』は少ない音で歌唱力の求められるアレンジでしたが、このときの柴ちゃんの凄いこと!確実に実力をつけてます。ハモりもさすがのコンビネーションで決めてましたね。次の2曲は、特に『さよなら「友達にはなりたくないの」』がまた印象変わりましたね。ピアノの音がじっくり聞けて心地良かったです。


14. 赤いフリージア

アコースティックコーナーは前の曲で終わっているものの、これも聞かせるという側面を多く持っている曲ですね。もっとも説明不要でしょうけど。このあたりは大幅にアレンジを変えてるわけではないと思いますが、それでも新鮮で楽しい。


15. This is 運命 / 全員
16. 抱いてよ!PLEASE GO ON / 全員
17. 盛り上がるしかないでしょ! / 全員
18. 原色GAL 派手に行くべ! / 全員

ここからはこれで最後とばかりに、ある意味恐ろしいほどの畳み掛けです。メロン記念日の顔である『This is 運命』からごっちんコン定番の3曲を休みナシに歌い続け、しかも容赦なく5人が煽ってきます。この3曲はコンサートで聞くからこそ騙されるという要素が元々ある曲だと私は思っているのですが、ココまでの流れと分厚い演奏とがセットだとその「騙されてる感」も無くなってバカになれます。バンドメンバーもノリノリで、それを観ていても楽しすぎる!


E1. 遠慮はなしよ! / 全員
E2. いいわけ / 全員(実質斉藤瞳ソロ)
E3. 今にきっと…In My LIFE / 全員

メロンコンの定番『遠慮はなしよ!』がアンコールでやっと来ました!メンバー5人はサックスを持ってのパフォーマンスです。欲を言えばサックスの生の音も聞きたかったところですが、なかなかそういう贅沢な使い方は難しいんでしょうね。『いいわけ』のところはメインボーカルをローテーションしていて曲も他の曲に変わったりするようですが、この日はひとみん。フェイクがオリジナル以上かもしれないってぐらいイッちゃってて最高。そしてラスト…なんですが、この「ライブ」で唯一ケチを付けるならココかもしれません。中盤にポンと入ってるなら特に違和感も無くむしろ評価していたかもしれませんが、この曲で掛け合いをすることにはかなり違和感がありました。


いやしかしそれでも無茶苦茶楽しかった!公演時間は2時間5分程度とハロプロのコンサートでは長い方なんですが、良い意味で凄く短く感じましたし。ただ、確実に今後のコンサートに対するハードルは上がっちゃいましたよ。

個人的には生演奏に触れて、全体的にはベースの音に特に惹かれました。リズムを刻む音に迫力があると聞こえ方が全然違うんですね。このあたり、もう少し勉強すればもっと楽しめるんでしょうねぇ。

とにかくこの公演、東京だけというのが惜しい。地方には観られなかった方もたくさん居るでしょうけど、DVDが発売されたら間違いなく買いです。先月のハロプロコンに続いてハロプロ史に名を残すべき名演間違いなし!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。