ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/3 湘南SPECIAL LIVE 2007 ~あじさい~Vol.6 飯田圭織 歐林洞ギャラリーサロン
かおりのコンサート昼公演に行ってまいりました。さすがに観光客がたくさん居て、駅を降りただけではコンサートを観に行ってる気がしません。徒歩20分の道をそれ以上掛けてゆっくりと向かうと、あるおしゃれな喫茶店というか洋菓子店というか、そんな建物が見えてきます。そこの2階が今日の会場でした。

会場は普段食事に使うならせいぜい20席程度しか置けないであろうスペースに、椅子だけが100ぐらい並べてあったでしょうか。ステージと客席に境界は無く、かおりが座る席と客席の一番近いところでは2m程度だったと思います。

今回私はその2m弱の範囲の席に座ることが出来たので多少バイアスの掛かった感想になってしまうかもしれませんが、それはもう素晴らしい80分間でした。以下セットリストです。


01. イパネマの娘
02. 砂に消えた涙
03. Bloom
04. 誕生日の朝
05. 鎌倉物語
06. 雨音はショパンの調べ
07. マリン・ブルーの瞳
08. シェルブールの雨傘
09. ドアの向こうでBellが鳴ってた
10. 世界でいちばんきれいな星空
11. Papillon
12. LA NOTTE DELL'ADDIO ~別れの夜~


時間をわずかに過ぎた頃、まず今日の演奏陣が登場します。狭い会場に立派なグランドピアノとギター3本が置いてあり、それぞれ1人ずつがそこに付きます。ギターは曲によって持ち替えていて、1本はプラグも繋がっていませんでした。

ややあってかおりが演奏に乗って登場。間近で見るかおりはまず圧倒的な容姿で、登場しただけで軽く感嘆の声が出そうになるほどでした。そして歌が始まると1曲目こそ多少の緊張感がありましたが、割とすぐ馴染んでいつもの歌声を聞かせてくれました。

03の『Bloom』は私が聞きたかった曲の1つで、かおりの要求に応えて手拍子をしつつも聞き漏らさないように注意していました。歌と容姿とが相乗効果となって、ホント可愛かった。

この曲が終わると少しじっくりとMCの時間。2週間ほど前に姪が誕生したということで、仕事を1日ずらしてもらって顔を見に帰ったそうです。手のひらを軽く広げ「ここにのっちゃうぐらいちっちゃくて可愛いんだよ~」と興奮気味に話し、その子の名前も付けたということでした。また出産前はお母さんや妹から「これでオバチャンだよ~」とからかわれても「絶対『かおりん』って呼ばせる!」と意気込んでいたものの、実際に姪っ子と顔を合わせたら「可愛くて思わず自分で『かおりオバチャンでちゅよ~』と言っちゃいました」などというエピソードも。

そんなほのぼのしたムードの中、次の曲のフリを始めるかおり…

「この曲はリクエストも多かった曲です」

「姪が誕生したということで、それにちなんだタイトルの曲を…」

「たぶんすごく久しぶりか、初めて歌う曲です」

そんな前フリがあってかおりの口から出たタイトルは『誕生日の朝』。このときは会場に軽いどよめきが起こり、後ろの方で女の子の悲鳴のような高い声も聞こえました。私も久しぶりにコンサートで鳥肌が立つのを実感しました。かおりの歌はどこまでやわらかい表現をしても決してブレることがなく芯が通っていて、またCDリリースから8年以上経っても色褪せていない曲の力もあって、ただただ聞き惚れていました。歌い終わった後の拍手も他の曲の倍は鳴り続いていたように感じました。かおりの歌うタンポポの曲はただの懐古で終わらせない説得力があって、今日のクライマックスといっても良かったです。

次は鎌倉という場所や梅雨という時期に引っ掛けてカバーなどを披露。こちらはすっかり心地よくなってしまって客観性を失いつつある時間でしたが、しっかりかおりらしい歌にできていたように感じました。

それにしてもあまりに自然だったのでこのあたりでやっと気付いたんですが、客席も演奏の最後の一音まで聞き終わってから拍手をするなど、非常に良い雰囲気でしたね。みんな一度かおりのコンサート観に来るべきだと思います。

終盤は聞き馴染みのある曲を多めにしているでしょいうか。『おとめちっくBank』に何度か行った私としては、やっぱり『Papillon』をまた聞くことが出来て嬉しかったですね。ちなみに今日はCDの音源よりテンポを遅くしていたように感じました。生演奏ならではの味のつけ方ですね。

終演後に思ったことは、とにかくもっと多くの人にかおりの歌を聞いてほしいということです。MCだってここでは姪の話しか紹介しませんでしたが、たくさん笑わせてもらいました。娘。に居る間、特にリーダーになってから必ずしも自由に歌えなかった時期もあったかもしれません。だけど今はこんな伸び伸びとした歌を歌っているんだよって。そういう意味では夏のモーニング娘。誕生10年記念隊でのコンサートは1桁違う客数と対するということで、大きな期待をしています。
コメント
この記事へのコメント
>こへちさん
コメント遅くなって申し訳ありません。

ミュージカル以外では初めての最前列で、
とんでもないものを見せていただきました。

あと、まだタンポポの話で反応してくれる人がいてホッとしました。
2007/06/15(金) 08:02:59 | URL | グラーフ #wM9kgQN.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。