ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/18 安倍なつみSpecial Live 2007秋~Acoustic なっち~ 東京厚生年金会館 (ネタバレあり)
レポート大変遅くなりましたが。行きましたよ、「アコなち」新宿公演。

春ツアーの縮小版という形になってしまうのではないかと不安に思っていた渋谷公演とは違って今回は既に素晴らしい公演であることが保証されている状態だったので、かな~り期待値を上げて臨みましたが…豪華ゲストの登場でその更に上を行ってしまう、今年のなっちの集大成とも言うべき公演になりました。早速セットリスト込みで振り返ります。

01. くちびるで止めて
02. 東京みちくさ
03. 愛しき悪友へ
04. 夢ならば
05. 夕暮れ作戦会議
06. オギヨディオラ
guest player 1 保田圭 (Sax) 07,08
07. 好きで×5
08. Memory 青春の光(安倍 Version)
guest player 2 徳武弘文 (Guitar) 09~
09. 今、いちばんのありがとう
10. トウモロコシと空と風
11. 息を重ねましょう
guest player 3 藤田弥生 (violin) 12~
12. 小説の中の二人
13. 恋の花
14. OLの事情
15. 大人へのエレベーター
16. Too far Away~女のこころ~
E1. ふるさと(安倍 Version)
E2. 愛しき人


序盤から微妙な緊張感に包まれているように感じましたが、それはなっちも隠すことなく「緊張する!」と連呼していました。ただパフォーマンスとしては序盤から気合を感じまして、これはひょっとしたらと思わせてくれたものです。

序盤ではやはり01.の『くちびるで止めて』が素晴らしい。ソロ活動も控えるasamiさんとの掛け合いはすっかり慣れたもので、ライブ感のあるオープニングです。

なっちの新たな魅力を堪能できる『オギヨディオラ』が終わると通常ならカバーソング企画の時間、そこでスペシャルゲストプレイヤーと紹介されて登場したのは…なんと圭ちゃん!圭ちゃんが来ること自体は予想の範疇ではありましたが、まさかプレイヤーとして登場するとは考えていなかったのでビックリでした。圭ちゃんはイントロや間奏でアクセントとしてSaxを吹きながら、なっちと共に歌も披露してくれました。Saxが映える曲として、また娘。出身の2人が歌う曲としてピッタリでした。歌に関しては特に圭ちゃんの『Memory 青春の光』に対する気合の入りようが凄い!演歌で育った圭ちゃんらしい情感タップリの、でも決して重たく感じさせるわけではないボーカルに痺れました。

圭ちゃんが2曲歌い終わり退場すると会場は少し緊張感が解けたような雰囲気になりかけたのですが、この日はただの「スペシャル」では終わらなかったのです。なっちが引き続きゲストを迎え入れ徳武さんが登場すると、会場は大歓声。さすがここに来るみんなはわかってる!

ここからはもう夢のような時間で。春のツアー含めてギター奏者が2人という編成は初めてのはずで、なっちの曲にまた新たな命が吹き込まれました。そしてその喜びも覚めないうちに『小説の中の二人』のイントロで切なげなヴァイオリンの音色と共に暗闇から女性のシルエットが浮かび上がり藤田さんが登場すると、再びワッと歓声が。ただ直後にピタッと収まりあとは歌に集中することが最大の歓迎と言わんばかりの雰囲気も非常に良かったです。

この合計5人の編成になってからは本当にどの曲も面白かったのですが、特に意外性も含めて取り上げておきたいのが『OLの事情』でしょう。24カラットで披露されたときは衣装や振り付けの面白さで密かに支持を受けていた(そして私も好きな)曲でしたが、基本的には歌詞からいっても変化球というかコミックソングというか、そんな位置付けの曲であるはずでした。ただこの日の『OLの事情』は腰抜かすほどカッコいい!徳武さん大活躍。こんな言い方をすると怒られるかもしれませんが、「なんだこれ!『OLの事情』のくせに!」と心の中で叫んでました。満面の笑顔で。

ラストの『愛しき人』も今やヴァイオリンがないと物足りない!藤田さんも変にクラシック奏者みたいな感じじゃなくて、演奏していないところで手拍子を煽ったりしているのがほのぼのします。なっちの歌もそれに応えて好調で、最高の雰囲気のまま帰路につけるなっちらしいコンサートでした。

来年は舞台出演が決まっていて歌う機会が一時的に少なくなってしまうかもしれませんが、最近はずっと最高値を更新する素晴らしい公演が続いているので、なっちに対しては心配していません。欲を言うならば早く「次の機会」が来てくれると嬉しいということだけです。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。