ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/29 祝祭音楽劇「トゥーランドット」 赤坂ACTシアター(ストーリーのネタバレなし)
久しぶり(といっても1ヶ月ぶり)に観るハロプロのパフォーマンスは、期待と不安を半々に待ち続けたなっちの舞台でした。

完成したばかりの赤坂ACTシアター及び赤坂sacasはさすがに人・人・人で溢れかえってます。そしてさすがオシャレ。開場の少し前に着いたので周囲をブラブラしただけですが、テレビ局が絡むとさすがです。ハロプロファンとして気になるのはライブハウス「赤坂BLITZ」だと思いますが、さすがに外見をチラッと見ただけではまだ何とも。この数時間後にはハロプロエッグの新人公演が6月に行われることを知り、もう少しちゃんと見学してくれば良かったかとちょっと後悔。

さて、この日の本命である赤坂actシアターも開場を待つ行列がビッシリ。列に加わり程なく入場です。劇中のアンサンブルの皆さんが着ているような民衆の衣装を身につけたスタッフに迎えられると辺り一面花でいっぱい。各界の名だたる有名人の名前の中に、なっちへ送られた裕ちゃんやつんく♂さんの花を見つけて妙に心強く感じました。

会場内ではグッズがいくつか売られていますが、プログラム(2500円)はちょっとコンサートでは見たことないような豪華さ。約100ページの冊子は写真も活字も豊富なので、買ってみても良いと思います。

席について辺りを見回すと…女性が圧倒的に多い!当然ながらなっちのファンと思しき観客はほとんどおらず観劇慣れした厳しそうな方が散見され、それだけなぜかこちらまで少し緊張してしまいました。そんな緊張にもちょっと慣れてきたかなというところでちょうど開演時刻となりました。

まずストーリー全体の感想をネタバレしない程度に書くと、素人目には少し引っ掛かるものがありまして。話の骨格というか筋自体は比較的わかりやすかったと思うのですが、人間ドラマを重視したという話の割には心情を説明し切れていない登場人物が何人かいるように感じてしまいました。トゥーランドットが象徴的存在から人間らしい感情を取り戻すに至る経緯とか、カラフが投獄されてから再び生きることへの執念を取り戻す部分とか。そんな中でなっち演じるリューの役どころですが、彼女の行動原理は実に愚直で明快です。自分の主人であるカラフを気遣い、慕い、愛することが全てという人。アイドルという肩書きを背負って出るなっちにとって、これ以上無い役をもらったと言って良いでしょう。

そしてなっちはこのチャンスを、120%の力で生かしていました。なっちファンである私がなっちを絶賛してもどこか空々しく響くかもしれませんが、なっちの成長ということに関してはなっちファン以外のどんな人間よりも敏感である自信があります。カラフの危険を厭わない行動の数々にリューの感情は大きく揺さぶられ、怒りや悲しみといった感情の昂りを表現する場面が多くありますが、まず声の出方が圧倒的に良くなってます。白蛇伝のときにも確かな成長を感じたものですが、そのときより明らかに良くなっているんじゃないでしょうか。ただしそれだけでは単調な役をこなしているだけにも取れてしまいますが、宦官ミンに対するリューは優しく穏やかでミンを包み込むような存在となり、メリハリの利いた非常にオイシイ役を貰っているなと嬉しくなりました。嬉しくなるのはモチロンなっちがその期待に応えているから、ということも忘れてはいけません。

あと何よりも忘れてはならないのがなっちの歌です。ソロを取る曲ではちょっと違和感のあるような複雑なメロディの歌を貰っているのですが、歌での表現に関しては本職であるなっちが抜群に良く出来ていたんじゃないかと、贔屓目ながら思っています。結果としてこの舞台の何割かは、観客になっちの印象を底上げするために作られているんじゃないかと思ってしまうぐらいです。お膳立てとなっちの努力がピッタリと調和した、なっちファン冥利に尽きるステージとすら言えるかもしれません。

舞台全体としてはストーリーを突っ込み始めるとちょっと疑問に思う部分も出てきますが、たぶんそういったことよりも豪華で圧倒的なスケールを、心を空っぽにして受け止めるというのが正しい鑑賞方法なんだと思います。なっちを抜きにしても圧倒されることだけは間違いないです。チケット代金もさすが一流というお値段ですが、このブログに目を通してくださる方であれば是非観て頂きたい、そんな舞台です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。