ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/5 モーニング娘。コンサートツアー2008春 ~シングル大全集!!~ 八王子市民会館
事前にシングル曲全曲を歌うと告知されていた今年の娘。春のコンサート。前評判はあまり良くなかったようですが、個人的には中途半端な出来のアルバム曲でお茶を濁されるぐらいであれば、こちらの方がよっぽど楽しみでした。でしたが…私が観たのは夜公演。既にご存知の方も多いかもしれませんが、昼公演では出演していた光井ちゃんが体調不良で欠席とのこと。慣れ親しんだ…いや、一部は慣れすぎた楽曲群を今の9人がどう解釈し魅せるか、その中で若手のメンバーがどんな役割を担っているのか、ということに焦点を当てて観るつもりでしたので、オープニングでは正直言ってかなり興が削がれそうになりました。光井ちゃんの体調不良が大したものではないことをまずは祈りつつ、体調管理という面でもより一層の努力をお願いしておきましょう。

さて、気を取り直して本編。以下セットリストとポイントごとの細かい感想が続きます。

01. リゾナント ブルー
02. 女に 幸あれ
03. 笑顔YESヌード
04. 色っぽい じれったい
05. 大阪 恋の歌
06. 悲しみトワイライト
07. Ambitious!野心的でいいじゃん
08. 浪漫 ~MY DEAR BOY~
09. Do it! Now / 高橋
10. Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~
11. ふるさと / 道重
12. 涙が止まらない放課後 / 亀井
13. Memory 青春の光 / 田中
14. 真夏の光線 / 新垣
15. AS FOR ONE DAY
16. サマーナイトタウン
17. モーニング娘。のひょっこりひょうたん島 / 久住・ジュンジュン・リンリン
18. モーニングコーヒー / 高橋・新垣・亀井・道重・田中

メドレー
19. 抱いて HOLD ON ME!
20. 直感2~逃した魚は大きいぞ~
21. SEXX BOY~そよ風に寄り添って~
22. 女子かしまし物語
23. Go Girl~恋のヴィクトリー~

24. THE マンパワー!!!
25. シャボン玉

メドレー (モーニング娘。史上もっとも長いメドレー)
26. I WISH
27. ハッピーサマーウェディング
28. 恋のダンスサイト
29. そうだ!We're ALIVE
30. ザ☆ピ~ス!
31. 恋愛レボリューション21

32. ここにいるぜぇ!
33. みかん
34. 歩いてる

E1. 愛あらば IT'S ALL RIGHT
E2. LOVEマシーン


楽しみにしていたオープニングの「リゾナント ブルー」は光井ちゃんが居ない理由も説明される前であまり集中できず。でもやっぱりかなり好きな曲になりそうだということは再確認できました。

序盤は個人的にはやや我慢の時間でした。単純に曲の好き嫌いの問題です。大好きな「笑顔YESヌード」はショートで聞くとかえって飢餓感が煽られるというか。もっと聞いていたかったところで終わってしまいます。

話が前後しましたが、今回最新曲以外はほぼ全てショートサイズかそれ以下の尺になってます。2時間で36曲歌うには仕方ないと今回は割り切って考えておきましょう。

中盤のソロパート。最近の娘。ツアーではソロパートや全員揃わない曲がかなりあってちょっと物足りない要因にもなっていたんですが、今回は強力なシングル曲を連発していて全員揃っていることも多いので、結果として素直に聞けました。5期6期の5人はそれぞれ任された歌に対する矜持を見せてくれていて興味深かったですが、今回個人的には「ふるさと」と「涙が止まらない放課後」が特筆モノ。シゲさんはだいぶ声出るようになりました。成長してるけどあんまり上手くないというのが、失礼かもしれませんが味になっています。亀ちゃんはあの可愛らしい声に一本芯が通ってきたように思えます。この2曲はかなりアレンジを変えていて新鮮に聞こえたということもあるかもしれません。

先輩メンバーがそれぞれオイシイ見せ場を貰っているのに対して、若手のメンバーはちょっと可哀想でした。初めて観た私のような人も含め全員が「あそこに光井ちゃんがいるはずだったんだなあ」とフォーメーションから一目瞭然なのがツライ。ただ、この3人になるとまだ末っ子のような印象の小春ちゃんでもさすが先輩というところで、光井ちゃんのパートを一人でカバーしている様子だったのが少し頼もしく思えたり。

全体的に今回の小春ちゃんは少しパートが増えていたように思えたのですが、個人的には象徴的な意味での中心から本当の意味での中心メンバーへ成長するための、最初の試練に挑んでいるようにみえましたね。もっとも、これは9人揃ったところを観ないとなんとも言えないですか。

後半戦。メドレーからは実はあんまりよく覚えていません。噂通りというか期待通りというか、名だたる新曲群をスキなく畳み掛けるときの勢いというものは、できれば体感してもらうのが一番です。演出面で目を惹いたのは、「ザ☆ピ~ス!」のイントロで行進しながらセットの中央奥にある小さなトンネルをくぐると衣装が変わっていたところです。ちょっとしたところですが心憎い演出です。

全体の感想として、今回のツアーはある意味ではシンプルといえるかもしれません。詰め込む曲数も多ければ1曲ごとのインパクトもシングル曲だけに強力なので、とにかく歌い踊りまくっていた印象が残ります。このツアーでは台湾も行きますし、これを乗り切った後の娘。の結束力がかなり楽しみになりました。

テーマ:ハロー!プロジェクト - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。