ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/4/9 モーニング娘。コンサート『レインボーセブン』感想(ネタバレあり)
今日はよっすぃ~の21歳の誕生日ですね。おめでとうございます。リーダーとしてもほぼ1周年、まだまだ娘。はあなたの力が必要みたいです。よろしく頼みます!

さて、前回の続きで娘。のコンサート感想です。今回はセットリストに沿って細かい感想などを。今回はオープニングにメンバー紹介のVTRなどは流れずにいきなり曲からスタートです。


01.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
02.THE マンパワー!!!
03.Go Girl~恋のヴィクトリー~

アルバムでも1曲目を飾る『HOW DO YOU LIKE~』はなかなか雰囲気あります。『レインボー7』の新曲群で一番自分のイメージ通りの振りがついてました。そのまま最近の娘。ではかなり重宝されていた『Go Girl~』なども惜しげなく出しちゃいます。もっとも、個人的にはクライマックスで出てくるよりはまだ聞けるという感想ですが。そして確かこの後メンバー紹介のVTRだったでしょうか。

04. SEXY BOY~そよ風に寄り添って~(長州小力のパラパラ風)
05. パープルウインド

『パープルウインド』が序盤に来るのは意外でした。ちょっと振り付けのイメージが違ったけど歌はなかなか良し。曲の新鮮さもあってこのあたりまででかなり盛り上がってます。序盤は紺ちゃんやガキさんを筆頭に5期メンバーが全体的に目に付いたかな。

06.色っぽい じれったい
07.愛あらば IT'S ALL RIGHT
08.友達(♀)が気に入っている男からの伝言 / 吉澤・高橋・紺野・小川・新垣・藤本・亀井・田中

比較的新しいシングル曲に『No.5』から初披露となる『友達~』へ。この曲はメンバーが腰を掛けて歌っていました。全体的に各メンバーの声量上がってる?

09. レインボーピンク / 重ピンク・こはっピンク

ついに今ツアーの目玉(?)である『レインボーピンク』登場。ふわふわした感じの振り付けを予想してたけど意外と活発に動いてます。それにしてもこの二人、素晴らしいです!

10.銀色の永遠 / 藤本美貴
11.NATURE IS GOOD! / 吉澤・高橋・紺野・新垣・小川・亀井・田中

で、会場がピンクに染まった直後に『銀色の永遠』というのはどうなんでしょう?曲の雰囲気より人の都合優先で曲順が決まってるようです。歌自体は良かったしこの曲歌ってるみきてぃは猛烈に可愛いんですけど、少し順番で損をしているか。『NATURE IS GOOD!』はほとんどよっすぃ~と田中っちだけで歌ってるのかな?他のメンバーはコーラスだけだったかも。

この曲のあと新垣・亀井・田中でMC。ガキさんにちなんで横浜の話から始まって、小さい頃の遊びの話なんかもしてた…と思う。もう忘れかけてます。

12.無色透明なままで / 吉澤・高橋・紺野・小川・藤本
13.大阪 恋の歌 / 高橋
14.レモン色とミルクティ / 新垣・亀井・道重・田中・久住

『無色透明なままで』も全編ではないけど座って歌ってました。ショートサイズでよっすぃ~の「なぜか自信があるわ」って部分を聞けなかったのが残念。『大阪 恋の歌』の愛ちゃんは良い意味で違和感がないです。

15.青空がいつまでも続くような未来であれ!
16.ザ☆ピース!

『青空が~』は想像通りの使われ方といいたいけど、ちょっと早いか?中盤バラバラに出てきてたメンバーが再び全員揃ってこの曲、という流れはいいんだけど、この後また全員で歌わない曲も出てくるので少しチグハグ。大サビは客席も一緒に歌うよう煽られるのでここは乗っておきましょう。『ザ☆ピース!』は1コーラス分VTRで流れた後に全員がゴールドの衣装で出てくる演出。

ところでこのVTRなんですが、PVなどではなくてセットや衣装がこのツアーで使ってるものそのままなんです。ツアー前にわざわざ収録したのかな。VTRの時間を作らねばならないという制約下で少しでもライブ感を損なわないような努力は見えた部分です。

17.INDIGO BLUE LOVE / 新垣・亀井・田中
18.恋は発想 Do The Hustle! / 吉澤・高橋・紺野・小川・藤本・道重・久住
19.直感2~逃した魚は大きいぞ!~

今回一番楽しみだった『INDIGO BLUE LOVE』がようやく登場。やたら艶っぽい振り付けは曲調とは合ってるけど詩世界とはあまり合ってないかな。歌は…CDで聞くと亀ちゃんの声質がもっと劇的に変わってるのかと思ってたんですがそれほどでもなく。でも良かったですよ。

20.女子かしまし物語3
21.浪漫~MY DEAR BOY~
22.なんにも言わずにI LOVE YOU

そしていよいよラストパート…なんですが、どうでしょうか。個々の曲は決して嫌いではないんですが、ニューアルバムを引っさげたツアーの本編ラストとしてはちょっと物足りない終わり方という印象がありませんか?『青空が~』か『パープルウインド』あたりを終盤に残しておいても良かったような。

アンコール
23.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。
24.さよなら SEE YOU AGAIN アディオス BYE BYE チャッチャ!

アンコールはこの2曲。もはや定番のキラーチューンにまで成長した『ラヴ&ピィ~ス!~』は本編に組み込んでも良かったような。最後は歌の流れからそのまま掃けて終了ですが、地元公演ということでガキさんが最後に一人で出てきて挨拶してくれました。


全体的には、やっぱり新しい曲が多いですね。24曲中6期メンバー加入以前の曲が3曲(+藤本美貴名義1曲)しかないので、現在の娘。が行うツアーのセットリストとしてはふさわしいと思います。一方で使う曲を限ればそれだけ良い曲ばかりを並べるのも難しくなるわけで、個人的にはイマイチな曲目が増えたような印象も少しありまして。シングルでこれぞという曲がそろそろ欲しいですね。

個人に目を向けると、紺ちゃんガキさん田中っちあたりがよく目にとまったかな。今現在動けてるメンバーだと思います。小春ちゃんはレインボーピンクではインパクトを残せているので、集団の中でどれだけ目立てるかが今後の課題かな。

次はツアー最後となるSSAで再び観る予定です。1ヶ月後この公演がどれだけ洗練されるか、また大会場でどんな工夫が加わるか、このあたりが見どころになるでしょう。今回は細部でちょっと引っ掛かる部分が多かったので改善も含めて期待してます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。