ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/23 安倍なつみコンサートツアー2006春『おとめちっくBANK』 よこすか芸術劇場
まずは本題の前に、つんくさんがご結婚されるようで。おめでとう!イェイ!
ハロプロメンバーと結婚…というお約束は置いといて、これでますます作品の幅が広がることを期待しております。落ち着いてしまうのではないかと危惧する声もあるようですが、あの変態ぶりは簡単に治らないと思ってます。これ褒めてるんですよ。

さて、先日の更新でも簡単なレポートを書きましたが、2日連続でなっちコン昼公演を見てまいりました。今日は日曜日の感想も含め、もう少し具体的な感想も書いていきます。
・ステージセット
ハロプロのコンサートではよくある2階建てのセットで、中央に階段、下段上手側に二人掛けのソファーが置いてあるシンプルな構成。オープニングでは上段中央に巨大な風船があり、それが割れてなっち登場、という演出があります。ソファーが実際に使われるのは1曲のみで中盤に片付けられてしまいます。モニターはなく、セットの随所に仕込まれた電飾で時に場を盛り上げます。

・衣装
なっちは全部で5パターンだったかな。基本的にはドレスっぽいものが多く、衣装によって色が違ったりスカートのデザインが違ったり上下セパレートだったり。個人的にはどうしても触れておかなきゃならないほどの衣装はなかったです。

・振り付け
今回は振り付けに関してはあまり大きな動きは取り入れず、歌に集中するという意図のようでした。これまで歌ったことのある歌で振り付けをやや簡略化しているものもありました。

ではそろそろ各曲感じたことを書いていきましょう。

01.F.O.
02.夢ならば

風船から登場し初めに歌うのはアルバム曲。今回のツアーのテーマをより明確にしてます。一瞬意外な選曲にも思えましたが1曲目でエンジンを掛けるということも考えればアップテンポなこの曲は適してます。『夢ならば』はもう完成段階まで到達したかな。

03.スイートホリック

簡単な挨拶の後に最新曲。観客はこの曲のノリにちょっと持て余してる感がありましたが、私自身はフワフワと体を揺らしながら聞き入ってました。大好き。

04.エレベーター二人ぼっち

この曲は随所に結構コダワリがありました。最初ソファーに腰を掛けてピンスポット浴びつつ歌うのですが、Bメロあたりで別のピンスポットが何もないところを照らして「手の届かない彼」を連想させます。あと初日は距離の関係で気付かなかったんですが、間奏ではエレベーターで彼と居合わせた様子を表情などで細やかに演じてます。サビの部分ではさすがに生で全部は歌えず、あらかじめオケに入れてある声と掛け合うことで成立させていました。

05.だって 生きてかなくちゃ
MC

この曲盛り上がるんですよね。序盤は全体的にしっとりとした曲を並べているのでアクセントというところでしょうか。これも長く歌ってる曲だから安定感あります。またここのMCはフリートークと次の曲への簡単なネタフリです。

06.夕暮れ作戦会議
07.ちょっとずつね。

アルバム『2nd~染みわたる想い~』が誇る泣きの代表曲2曲を並べてきました。特に『夕暮れ作戦会議』は本人の気合もヒシヒシと伝わってくる良いボーカルだったと思います。この流れはちょっとウルッときます。

MC
~アコースティックコーナー~

ここでかおりを紹介するMCと共に、後ろではアコースティックコーナーへ向けて楽器などが運び込まれます。初日はこのときのインパクトがやっぱり強かったです。実際はまっつーのコンサートでも生演奏が実現されていたりゲストがかおりだったりとこの展開を予感させる材料は揃っていましたが、実現するとわかった瞬間はやっぱり嬉しくて。

08.夢の中/安倍・飯田

しかもそこで披露されたのが『夢の中』ですよ!曲紹介されるまではこの曲を予想できるほど冷静でいられませんでしたが、今となっては最高のチョイスとしか言えません。まず歌に関しては主旋律をかおり、なっちがハモを担当していて、この相性が抜群です。一番高いハモのパートがいないのでCDで聞くコーラスワークとは印象は違いますが、この2人だけでの歌も負けてません。アコースティックなアレンジとも合ってますし。そして歌の良さがあってこそですが、『夢の中』は今やかおりの思い出の曲として認知されている曲です。なっちファンの目線で見ると、あの時ステージに立つことも許されなかったなっちが、ようやくかおりと並び歌うことができたということに特別な感情も抱いてしまいます。泣きの曲が続いてトドメにこの演出は反則だよ…。

09.バラ色の人生/飯田
10.(昼)桜の花が咲く頃(夜)Papillon/飯田

かおりのコーナーの前にちょっとした小芝居入りのお題トークのようなMCが挟まるんですが、ここはちょっと改善の余地あり。基本的に二人でじっくりトークをする時間がないのは人によって今回の不満点となってしまうかも。
さて、かおりのソロコーナー。私はかおりのシングルアルバム全部持っているほどかおりの歌は好きなんですが、1000人単位のホールで聞くにはフランス語の歌は厳しいかもしれない。ディナーショウなど細やかな息遣いまで感じ取れるような環境であれば言葉がわからなくても楽しめるんでしょうが…。2回聞いた『桜の花が咲く頃』は良かったので、もう1曲は『Bloom』とか聞きたかったな。

11.空 LIFE GOES ON
~アコースティックコーナーここまで~

生演奏という最高の環境になっちの持ち歌の中でも最高のものを持ってきた…と言いたいところですが、この曲は大仰に盛り上げる大サビのスケールの大きさが肝なので、そういう意味ではアコースティックな演奏とはベストマッチではないんですよね。しかしそれを補うためか、サビで演奏者二人のコーラスを入れた演出は良かったですね。アイコンタクトをしながら歌うなっちの表情も生き生きしていたし、こちらもいろいろな音を聞く楽しみを覚えました。

MC
12.学生時代

アコースティックコーナーが終わって軽めのMCですが、ここで頭をスパッと切り替えましょう。このコンサートはここまで泣きの演出が多かったんですが、ここから後は一転します。第2部の先頭とも言うべき『学生時代』は頭のセリフにアドリブを入れるちょっとした遊び心があって、楽しく聞ける曲ですね。

13.日曜日 What's Going On

この曲の掛け合いは予想以上に凄いことになりました。騒いだり盛り上がったりという意味ではここまで抑圧され続けたので、この曲が起爆剤になったのでしょう。是非掛け声のタイミングをCDで予習しておいてください。そして思いっきり「最高です!最高です!」と叫びましょう。

14.恋の花
15.あなた色
16.恋のテレフォンGOAL

このあたりはショートサイズなんですが、前半と全く違う雰囲気で一気に盛り上げるパートなので時間的な都合と言われれば納得できなくもない処置です。気になったのは『あなた色』のボーカルに違和感があったこと。2日目に改めて聞いてみたら、これ(サビだけ?)原曲よりキーが下がってるような気がします。『恋のテレフォンGOAL』でもマイクを向けられる箇所があるのでサビの歌詞は覚えておいて歌いましょう。またここのパート、ショートサイズが含まれているとはいえ休みナシで5曲も連続するので、体力の高くないなっちには密かな挑戦でもあるかも。

MC
17.東京みちくさ

最後の『東京みちくさ』をもってアルバム曲が全部出てきました。アルバム曲に関しては全てフルサイズでじっくり聞かせてくれます。最後にアルバム曲で終わるのは今回のツアーのテーマを改めて確認できて良いですね。

~アンコール~
18.I'm in Love
MC
19.恋愛戦隊シツレンジャー/安倍・飯田
20.腕組んで帰りたい/安倍・飯田

最新曲のC/Wを披露してくれるのは気前が良いですね。なっちコンではC/W曲は1テンポ遅れて披露されるのが常でしたから。シツレンジャーはなっちの今を切り取る曲としては違和感ありますが、本編でしっとりした流れが長かったので深く考えずオマケとして捉えれば良いのかなと。で最後は偉大なるマンネリ『腕組んで帰りたい』で大団円です。いつまでもこの位置で歌い続けてほしい曲であります。


今回のツアーは最新アルバムを軸とした今のなっちらしいボーカルとアコースティックコーナーの2本柱で構成されていましたが、どちらに関しても合格点といえる内容になっています。アルバム曲はまだ歌いこむ必要もありますが、これがツアー終盤になったらどれだけ伸びているか今から大いに期待しています。
アコースティックコーナーは『夢の中』が素晴らしかったし楽器がコンサートに持ち込まれたことも大歓迎です。しかし「楽器があれば何でもいい」という感じにならないよう、今後もコンセプトや適正を考えた上で積極的に生演奏の時間を増やしてほしいものです。個人的にはハロプロの中では「生演奏=アコースティック」ぐらいに扱われているような印象を受けるので、フルバンド揃えてロックを歌うとか挑戦してほしいです。
話が逸れました。今回のなっちコンは歌を聞きたい人にとっては間違いなくアタリと言ってもらえるコンサートだと感じてます。踊るとか騒ぐといった要素は少ないですね。あとMCに関しては段取りの面もコンビネーションの面も改善の余地ありかもしれません。ただこの二人ならツアーを重ねることで上昇しそうかな。今回はとにかく歌で勝負しているので、人に見てもらいたいという意味では今まででも一番かもしれません。一度は来てみてね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。