ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/6,7 モーニング娘。コンサートツアー2006春~レインボーセブン~ さいたまスーパーアリーナ
この週末は娘。コンのファイナルへ行ってきました。2日間3公演に全て参加したので今回のツアーに対してだいぶ整理できましたが、いかんせんこれほどのスケジュールは久しぶりだったので心地良いを少し超えるぐらいの疲労感も残ってます。今は細部まで突っ込んだレポをする余裕もないので、ツアーの総括的なものと卒業についての部分だけ触れておきます。なお、先月ホールクラスで見たときの感想はこちらです。

まず紺ちゃんとマコっちゃんの卒業についてですが、ある意味ではこちらが興ざめするぐらいに淡々と扱われるに留まりました。もう少し具体的に言葉を聞きたかったという想いもありましたが、結局変わらぬ姿でそこにいる2人の笑顔が何よりの答えだったような気がします。冷静に振り返ればいつもここに答えがあるのに、なかなか学習できないものですね。

ちなみにMCの言葉尻を厳密に追うと、紺ちゃんに関しては「モーニング娘。及びハロープロジェクトからの卒業」と明言しているものの、マコっちゃんに関しては「モーニング娘。からの卒業」と報告されただけです。もしもマコっちゃんがハロプロに籍を置いたまま事務所のバックアップを受けて留学をするのであれば、心象もだいぶ良い方に変わってくるのですが…。

次にコンサートそのものについて。今回のツアーは最近のハロプロの流行に違わず、観客参加型のステージをより強く意識したものになっていたと思います。ただ、過去の大ヒット曲を並べるという安全策は極力排除して、できるだけ今のメンバーが通過している曲を選んでいる点が重要です。大きな賭けではありますしトータルで見て成功したのかどうかまだわかりませんが、挑むことを忘れた娘。など見たくないので価値はあります。

改めて3公演見てやっぱりセットリストが自分と合わなかったりする部分もあるんですが、そこを割り切ってできるだけ楽曲に「参加」するのが私にとってはベストの方法でした。ホールで見たときも同じようなことは考えるものですが、1万人クラスの会場だともっと顕著です。つまり今回は娘。の表現をそのまま観に行くというより、娘。の提示する表現を全体で作り上げる印象があって、そういう視点での楽しみ方にファイナルでようやく気付きました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。