ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/30 後藤真希シークレットライブ at STUDIO COAST
STUDIO COAST


上半期最後の日はごっちんで締めくくり!事前にお知らせした通り、今日はごっちんのシークレットライブへ行ってきました。

まず会場ですが、新木場の『STUDIO COAST』で行われました。度々ハロプロでもイベントなどで使われる会場ではあるものの私は初めてで、またライブと銘打ってハロプロが使用するのも珍しいように思います。

会場に到着するとまず雰囲気がちょっと違いますね。MTVは独自にこのライブの招待枠を抱えていたり後日の放送を予定していたりするわけですが、入場時にもMTVのチラシを貰いましたし、開催自体に1枚噛んでいたかもしれません。

18時になると入場開始、1500番台の自分は20分ぐらいして入場でしたでしょうか。中ではDJが曲を流していて悪くない雰囲気。30分ぐらいまでには大体客が入っていたように見えました。

19時の直前になると、それまで空けていた2階席に続々と人が。これはMTVの枠で招待された方々でしょうか。確認はできませんでした。ところがその後19時になっても一向に始まる気配は無く、15分遅れぐらいでDJがごっちんの曲をミックスしたプレイを始めてようやくスタート。

01.LOVE。BELIEVE IT!
いきなりアルバム曲から。新曲の編成に合わせて男女2人ずつダンサーを引き連れて登場した瞬間、当然ながら人口密度が急変!とはいえそれほど無謀なモッシュも無かったと思います。ダンスはこのときまだあまり見えなかったんですが、バリバリ踊っているようでした。

02.溢れちゃう...BE IN LOVE(プレミアムVersion)
ちょっとこのアレンジか自信ないですが他にアレンジありましたっけ?少なくともシングルのバージョンじゃないです。1曲目からそのまま歌いました。この曲ぐらいで前に出てきたときに、ステージの中央部が前にせり出していることに気付きました。前に出てくるとかなり近く感じます。

ここで最初のMCでしたか。定型の挨拶をしてる中「今日はあっという間に終わっちゃうけど…」というくだりに一抹の不安を覚えつつも、改めて感じた近さにこちらもヒートアップ!

03.エキゾなDISCO
スタンドマイクではなくスティックを用いたパフォーマンス。今回のセットリストでは(そして今後も)アクセントになる重要な曲でしょう。

ここのタイミングでダンサー紹介だったでしょうか。もう1曲後だったかもしれません。ちょっとこのあたりは記憶が曖昧です。

04.LOVE LIKE CRAZY
かねてよりラジオなどで予告していた「1人では初めて歌う曲」はこれでした。あまりにも自然に歌いこなしていて本当に初めてなのか考えてしまうほどでしたよ。『好きすぎて バカみたい』を予想していたんですがこちらの曲の方が圧倒的に好きなので大満足。

05.LIKE A GAME
この曲も出てから大分経ちますね。ファンに対しては手堅い選曲でしょう。しかし後述しますが、昔に頼るというよりは一回りして戻ってきた感があります。間奏でジャンプを煽っていたのは少し怖かったものの、ここでも大きな問題にはならず。

ここでまたMCが入り、次が最後になることを告げます。秋ツアー決定の報告もここだったかな。必ず行きます!

06.ガラスのパンプス
ようやく初めての新曲生体験!やっぱりカッコイイ!でも前に出てきて間奏のダンスをされると見えないのが唯一残念でした。それにしても相変わらずごっちんは喉が強い。

ここで一旦ごっちん退場。

EN1.LOVE缶コーヒー
カップリングも無事聞けて一安心。この曲に関してはあまりダンスはせず「振り付け」というイメージが強かったです。

ここでまたMCを軽くして終了…と思いきや、ステージを降りちゃいました!ステージと柵の間にあるスペースを軽く走りつつ、最前付近のファンとハイタッチなどをしていました。そして再びごっちん退場、これで終わりと思いきや…

EN2.ガラスのパンプス
ごっちん三度登場でもう1回新曲を熱唱。今度はステージの前へ出てくることがなかったのでダンスもバッチリ見られました。撮影用にやったのかなと邪推してみたり。

ここで最後の挨拶をして本当の終了、合計50分ほどの「ライブ」でした。


全体の感想としては「ごっちんカッケー!」に尽きます。MTVサイドが演出したのかは不明ですが、そういう雰囲気を色濃く出していました。また曲については自分の周りで『盛り上がるしかないでしょ!』『抱いてよ!PLEASE GO ON』などを期待していたごっちんファンもいましたが、ロック寄りの楽曲を排除してどちらかといえばR&B寄りの踊れる曲でまとめてきたのは大きな注目点です。新曲のイメージ(そして本来世間が持っていた後藤真希に対するイメージ)を正しく踏襲したセットリストに、ごっちんの確かな未来像が見えてきた気がします。これが秋ツアーの予告編なのだとしたら、ハロプロの歴史に名を刻むようなツアーにすらなるかもしれません。


以下蛇足。
今回のついでに言えば、メロン記念日はよりロック寄りにシフトし、生演奏を取り入れたなっちやまっつー含めて、最近はハロプロの中での各グループの方向性がハッキリしてきているように思えます。この傾向は是非簡単に諦めないで継続してもらいたいものです。
コメント
この記事へのコメント
全体的にダンスミュージック寄りにシフトしてたみたいですね。
アレンジ変えもあったみたいですし。
MTVの意向か分かりませんけど、秋コンもこの流れだったら期待しちゃいますね。

MTVの放送を楽しみにしようっと。
2006/07/01(土) 23:54:16 | URL | まっくす #-[ 編集]

>まっくすさん
まさしくその通りです。ごっちん本人もこの路線の曲を何曲か続けて出したいと複数個所で訴えているので、次の曲でまた「派手にいくべ♪」みたいな歌を歌われたら、今度こそ事務所に失望しても良いと思います。(笑

MTVの放送は、いろんな意味で客席はあまり放送しないでほしい。(笑
2006/07/02(日) 22:57:41 | URL | グラーフ #wM9kgQN.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。