ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍なつみ7thシングル『ザ・ストレス』レビュー
かなり出遅れてしまいました。今回は先週の水曜日に発売されたなっちのシングルです。

CMでも披露されていた森高千里さんのカバーということで新鮮な驚きはないかと思いきや…これがかなり思い切った作品に仕上がっていました。ラジオを聞く習慣のない人にとっては本日関東で放送された『ハロモニ。』で初めて聞いた方も少なくないかもしれないですが、いかがだったでしょうか。

まず通常のVer.としてテレビやラジオでも流れる1曲目。ラップをあまり積極的には好まない私が聞いてもカッコイイ!PVやスタジオライブでの衣装は1950年代を意識した衣装になっているようですが、楽曲自体は原曲をもっと洗練させた音になっていて、サックスとクラリネットの音色がシングル向きの華やかさを添えてます。…いや、正確には最初にこのVer.を聞いたときは思い切ったアレンジだと思ったんですが、他のVer.がさらに遊び心溢れた作品だったので、比較としてシングル向きに聞こえます。

2曲目は『危機Version』と名付けられてます。こちらは激しさの中に中東やアラブ圏の国を想起させるようなメロディーもあり、アレンジとして似ているわけではないけど森高さんの『中近東Version』を意識したのかもしれません。英語らしき言葉の高速ラップあり、なっち自身のラップあり、果てはニュースキャスターに扮してニュースを読み上げる声まで入っていて、音の密度は一番高いでしょうか。

3曲目の『shakabone HIDE Remix』は個性の強さでさらに上を行く作りになっていて、基本はアコーディオンの演奏にリズムとボーカルを乗せた形です。「イライライライ~ラッ!」「溜まる~」「ストレスがねぇ~」などなっちの声をミックスしたり、ラップのパートも個性の強さ、量ともに最もウェイトが重いです。

最後の40秒ちょっとしかない『アカペラVersion』は頭こそCMそのままのボーカルですが、次々となっちのボイスパーカッションが重ねられていきます。中途半端に張り切っちゃってるボイスパーカッションから最後のオチまで、遊びとしてはある意味最高の1曲。


さて、せっかくハロモニ。で披露もされたのでこちらの感想も。やっぱりCDでこれだけやってくれてるから、ラップもカラオケの音じゃなくて生で入れてほしくなっちゃいますね。あとあの振り付けはダンサーを付けた方が映える気がします。でもオリジナルとは違うものを作ろうという意欲が見える点は評価したいです。


そしてまた話は変わって。2006年も上半期が終了しましたが、なっちに関しては本当に充実した活動をさせてもらった半年でした。特に音楽活動でシングル2枚アルバム1枚をリリースし、そのどれにもハズレが全くなかったのは素晴らしいです。コンサートやディナーショウで生演奏に触れる機会も多くなり、また音楽活動以外でも久しぶりにテレビドラマに出演したり、なっちのことで不満がほとんどない期間でした。下半期は舞台で芝居をする機会が多くなりそうですが、まずは8月発売予定の8thシングルでこの流れを切らないようにお願いしたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。