ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/22 Hello! Project 2006 Summer~ワンダフルハーツランド~ 国立代々木競技場(主なネタバレなし)
今日は半年に一度のお楽しみ、ハロプロ公演夏の陣を見てきました。2006年度版はモーニング娘。を始めとした5組(他は『美勇伝』『辻希美』『Berryz工房』『℃-ute』)のみによる公演で当初は残念に思ったものでしたが、結果としてこの編成は私が見たかった「モーニング娘。を軸にした幅豊かな構成」を実現してくれました。

ステージはセンターステージでとにかく大きい!360度所狭しとメンバーが駆け回れる形になっていて、南北方向はスタンド席のみ、東西方向はアリーナ席のみ配置されています。このスケール感は他に変えられない魅力!

セットリストに関しては夏の恒例コンサートらしく、ハロプロの枠をフル活用した盛り上げナンバーの連発。前半は最近の定番となってきたカラオケコンの流れで娘。の各メンバーや辻ちゃん、梨華ちゃんを順々にフィーチャーしています。キッズのメンバーはその中で比較的目立つメンバーもいたりあまりオイシイ場面が与えられていないメンバーもいたり。ただ、当然Berryz工房も℃-uteも単独で歌う機会はありますのでご安心を。

後半は娘。が単独で何曲か歌いますが、紺ちゃんとマコっちゃんの卒業を意識した選曲が泣かせてくれます。おそらく誰もが聞きたかった曲だったでしょう。そしてその曲に合わせたのか、その他の曲もやや懐かしい選曲があって、私にとっては大好きな曲が連発されていたので大満足でした。

ラスト前に歌うメドレーも単なる曲の羅列で終わらず意欲的なリミックスになっていて、これも1回は聞いておかないとそれだけで損失といっていいでしょう。

紺ちゃんとマコっちゃんについてはこちらが意識して見ても何一つ変わらずステージをこなしているようでした。いつものことではありますが、娘。を旅立つ決心をしたメンバーはみんな強い。

さて、最近はハロプロの全体公演といえば、曲に対して本来の歌い手が出てこないため技術的なレベルも落ちる場合が多く、あまり評判は良くない印象があるんです。でも私の場合何よりもステージでのスケールの大きさが好きで、見終わると他のコンサート以上の満足感を得ていたりします。良くも悪くも「カラオケコン」には割り切りができてきてますし、私は今後もハロプロコンサートは欠かせないですね。

あと最後に公演の終了間際、ちょっと心配な出来事がありました。お別れの挨拶のためメンバーがステージをぐるりと1周回るんですが、それもだいたい周りきって後は退場するだけというとき、辻ちゃんがステージから落下するハプニングがありました。結局そのままファンの目に留まることなく終演となってしまったので、怪我をしていないか気になります。これに関しては無事を祈るばかりです…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。