ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅にて小川麻琴を想う
結局リボンの騎士は8/25の夜公演を観たのが最後でした。この日のなっちは過去最高の出来でなっちファンとしては嬉しかったですね。

そしてその場で私がマコっちゃんを見る機会も最後でした。私は当初ナイロンという役を「中途半端で損な役回り」と思っていたのですが、彼女がすごく楽しそうに演じていまして、ここにきてその考えを改めていました。

ナイロンはほとんどのシーンで大臣及びその息子と3人組として登場します。ナイロンは大臣と見事な掛け合いを演じ、息子とは共にはしゃいでみせ、時にはシリアスな場面にも登場します。自分にとって絶対的な大臣にある種の不信感を持ちながらも最後まで仕え通し、でも剣に毒を仕込んでフランツに渡すシーンでは躊躇してしまったり、劇中の描写は少ないながらも優しい苦労人を想像させます。…今思えば、娘。の癒し系として縦横の潤滑油的役割を担っていたマコっちゃんらしいキャラクターじゃありませんか。実力に見合ったアピールができずに伸び悩んでいた時期もあったかもしれませんが、最後に良い役が回ってきたと今では思います。

さて、千秋楽はコマ劇場で公演を観ることは叶わなかったので、当然ハロモニ。を見ていました。終始明るいムードの卒業企画が行われる中、ほんの少しだけ、時間にして2分もない程度ですが、インタビューが挿入されました。その中で、探り探りに語る言葉の中に印象的なものがありました。

「ただ、モームスを背負って戦っているという強い意志…それだけ…それだけは…心に強く刻んで欲しいなって」

その言葉は淀みが無かったわけじゃない。しかし過去に彼女がこれだけハッキリと仲間たちを激励する言葉を残してくれたことは、少なくとも私の記憶にはありませんでした。メンバーに愛されて、でもどこかドジで、いつもニコニコしていたマコっちゃんも、気が付けばこれだけ強い言葉を残せる先輩になっていたのですね。

ミュージカルの千秋楽、とても良い公演になったと方々で聞きます。私はいまだにマコっちゃんは娘。に必要だと思っているし、ミュージカルが素晴らしかっただけに新しいモーニング娘。に慣れるのもいつもより時間が掛かりそうですが、私が受け取れる情報を総合するかぎり、娘。を去っていくメンバーが去り際に見せる「強さと優しさ」を彼女も身に付けたようです。ここは敬意を表して我を引っ込めるしかないですね。


マコっちゃん、いってらっしゃい!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。