ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観劇2本(ネタバレなし)
今日はハロプロメンバーが出演している舞台を2本見てきました。この分野は音楽以上に素養がないのでレポートらしいレポートはできませんが、私自身は『リボンの騎士 ザ・ミュージカル』を観て演劇に対する関心が高まっている時期なので、それぞれネタバレはしないよう感想を書いておきます。

『~「アパッチ砦の攻防」より~戸惑いの日曜日』
裕ちゃんが出演している三谷幸喜さん脚本作品。いわゆるシチュエーションコメディというジャンルで良いのでしょうか、舞台転換が1度も無く、平凡でそれなりに裕福そうな家庭が舞台です。ハロプロファンが気になる裕ちゃんの出番はそれなりにありますしストーリー上は大事な役割ですが、どちらかといえばフォロワーで、いわゆる「オイシイ」場面は多くないかも。
しかし!テレビドラマや映画で三谷さんの作品に好印象を持ったことがある方なら絶対におススメ。多分テレビの作品よりさらに数倍面白い。配役も適材適所で、腹が痛くなるほど笑ったのは久しぶりでした。感情のベクトルは真逆ですが、『リボンの騎士 ザ・ミュージカル』のように脚本自体の面白さをこれでもかというぐらいに堪能できる作品です。私は思い立って急遽当日券で入場したのでまだ間に合いますが、平日の昼間でも始まってみたら800席以上が満員御礼でした。

ところで三谷さんってシチュエーションコメディの作家として、演劇に詳しい方からはどういう評価を受けているんでしょうか。売れているんだから大衆に向いていることは確実でしょうけど、目の肥えた方には物足りなかったりするのかな。こういうジャンルに興味が沸いたので今なら紹介されたら行っちゃいそうです。


『~昭和歌謡シアター「時の流れに身をまかせ」~』
こちらは一転、ハロプロも所属するアップフロントグループ主導の舞台。ハロプロからはかおり、辻ちゃん、稲葉あっちゃんが出演しています。会場である新宿スペース107はキャパ200人程度で、相田翔子座長を始め主要キャストはみな同じ事務所ですし、全体を通して家族的な雰囲気がありました。この日はちょうどカメラが入って撮影だったので、開演前に観客の緊張感をほぐす軽い前説がありつつ開演です。
舞台自体は劇中劇による笑い、役柄と現実を織り交ぜた掛け合い、シリアスなストーリー展開と様々な要素を織り交ぜた内容で、ハプニングも積極的に笑いへ持っていく雰囲気です。ハロプロメンバーもそれぞれに見せ場がありますし、かおりと辻ちゃんに関しては劇中で歌うシーンもあります。
2時間弱の舞台が終わると「歌謡ショー」と題したミニコンサートもあります。ハロプロメンバーは3人とも1曲ずつソロで歌いました。私は歌謡ショーの存在自体知らなかったのですが、あっちゃんが私の大好きな歌を歌ってくれたので嬉しい誤算でした。そんなこんなで最終的な公演時間は2時間半ぐらいでした。
全体を通しては…まぁ笑わせる部分が多くて予想以上に面白かったんですが、家族的という言葉の裏返しとして「こじんまり」とはしています。『戸惑いの日曜日』のような洗練された舞台ではありませんが、歌も聞けますし肩肘張らずに1回ぐらい観ておいても良いでしょう。あと生で見る相田さんもかなりカワイイ。

ちなみにこれ、興行としてはどうなんでしょう。客層は意外とシニア世代も居ないことなかったですし、最前列の中央は高山さんファンと思われる方が陣取っていたりして、平日でも満席でしたが。第三回公演も決まったようなので好評と考えて良いのか。


最後に余談。かおり宛に某局の社交ダンスをテーマにした番組から花が届けられていました。近く出演予定があるかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。