ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬のハロプロコンサート総括
どこのレポを読んでも概ね好評のようで、サイト巡回していても気分が良いですね。当たり前のことを当たり前にやって当たり前の結果になった、というような感想の方も多かったですが、私はそれに同意すると共に、今ハロプロコンサートでしかできないことを提示できた公演でもあったと思います。

結局私は2公演見まして。土曜日は先日のレポで触れた通り外周のちょうど中心付近にあたるセンター席、あと日曜日夜はメインステージから見て右手奥にあたるアリーナBブロック最後列でした。今回は特殊なステージでしたから、両者で見え方は全然違いました。前者は騒動の真っ只中に放り込まれたかのような高揚感、後者は一度観た上でというのもありますが、1つの視点で会場を全部見渡せるので壮大なスケールが堪能できました。

そもそもモーニング娘。も大会場公演の機会が少なくなって(でも今年の春はさいたまスーパーアリーナでやるみたいですね)これだけでもハロプロという枠の独自性は一応出ていると思います。しかしこれに加えて「各ユニットの魅力を端的に表現できるオリジナル曲」「ハロプロが揃った時しかできないユニット」「大人数を生かした全員での演目」をバランス良く配置し、尚且つ冗長な部分をほぼ排除できたことが今回の成功に繋がったのではないでしょうか。

でもこれって、ハロプロがここまで歴史を作ってきた現状ならそんなに難しいことじゃないんですよね。今回の目玉といっても良いぐらいの盛り上がりだったプッチモニだって、私ですら思いつくほどファン待望の演出だったわけですし。これからも今回掴んだ手ごたえを忘れない上で、さらにこれに上乗せする形でシャッフルユニットなどの戦術を立てていくのは悪くないと思います。


ここまでやや抽象的で全体的な感想が続きました。もう少し細かい点も触れておきます。

まずメンバー個人について。このような公演で個人を意識して注目するのは非常に難しいです。そんな中でまず印象に残ったのはマコっちゃんですね。プッチモニを踊る時の彼女はとても躍動感があって楽しそうで、できることならばプッチモニには本格的活動を再開してほしいと改めて思ったものです。予断ですがプッチモニもタンポポも、今の編成は面白いはずですよ。
次は同じくプッチモニのよっすぃ~。プッチモニでは2つの時期を繋ぐキーパーソンとしてキッチリ魅せていましたし、それ以上に印象に残ったのが『浮気なハニーパイ』だったでしょうか、ステージにいる全員を代表して会場の煽りを担当するところですね。一時期は娘。の端っこで自分のパフォーマンスだけにも苦心している様子だったのに、ガッタスのキャプテンから積み重ねて今やハロプロを背負う立場まで任されたかと思うと万感の想いです。
最後は小ネタとして小春ちゃんのこと。最後の曲である『LOVEマシーン』の最後を受け持ってました。この抜粋自体も個人的には嬉しいのですが、最後のフレーズが終わってからもう一度小さくポーズを取ったところの表情がすごく良かったです。横浜アリーナは初めてだったはずですが、良い経験になったようです。もっと細かい局面で各メンバーの見どころが満載でしたが、とりあえずこの程度で。

次は個々の曲目などについて。まず前半の選曲が思い切っていて好感が持てます。当然知名度の低い曲は盛り上がりを損ねるかもしれないリスクを伴いますが、『愛~スイートルーム~』『十七の夏』など、ちゃんと口火を切る役割を果たしていました。選曲もハロプロ全体の公演であることを意識して楽しく盛り上がる曲を優先していて、個人的な好みレベルで済まないほど違和感のある曲目は少なかったです。少なかったんですが、他のユニットがアルバム曲など意欲的な挑戦もしている中で、モーニング娘。こそが少し不満の残る選曲でした。全グループの代表者として最新曲をキッチリやるべきなのはわかるものの、巡り合わせ悪さを感じてしまいました。でもその後に『ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。』を持ってきているあたりから、スタッフがちゃんと考えてくれていることは読み取れますが。

最後にちょっとだけステージの演出について要望点。今回のダイナミックな演出に対しては少し無粋かもしれませんが、ピンスポットの照明などを駆使して、もう少し「今歌っているメンバーがどこにいるのか」をわかりやすく表現してほしいと感じました。センター席にいると、視点をどこに置いて良いものか非常に困りましたので。
コメント
この記事へのコメント
よっすぃ~に関して言えば、今回中澤さんが出ていなかった事による責任感っても大きいんじゃないですかね。
中澤さんがいないので恐らくステージ裏でのDancing! Singing!! Exciting!!!の掛け声もよっすぃ~がやってたんじゃないかなぁって妄想してます。
2006/02/02(木) 17:53:23 | URL | まっくす #7GKv0tLI[ 編集]
>まっくすさん
なるほど、裕ちゃんがいないことによる自覚は感じましたが、掛け声の点までは考えが及ばなかったです。
DVDでそのあたりも確認できると良いんですが。
2006/02/02(木) 23:13:52 | URL | グラーフ #wM9kgQN.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。