ミルクとハチミツ BLOG
こちらは専らハロープロジェクトの応援を目的とした非公式ブログです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/19 美勇伝ライブツアー2006秋 美勇伝説Ⅲ~愛すCREAMとMyプリン~ 品川ステラボール (ネタバレあり)
19日は美勇伝の単独コンサートへ行ってきました。雨の中、夜公演の参加でして入場するまでは信じられないぐらい寒さでしたが、コンサートが終わる頃には会場は暑く、熱い空間に包まれていました。

会場、ツアータイトル、持ち歌のバリエーション…去年と比較して共通する部分が多く、今年はどのようにステージを見せるか期待していましたが…いやはや、これがかなり見応え聞き応えありました。そう、去年と違う点は「あの8月」を過ごした3人だったということです。

それでは以下セットリストに沿って感想を連ねていきます。

01.キョウモマッテマス
02.愛すクリ~ムとMyプリン
03.クラクラ ディナータイム
04.一切合切 あなたに あ・げ・る♪

話題の新曲衣装「バニーガール」で登場。ただし1曲目にいきなり新曲を歌わなかったのは変化球ということでしょうか。それなりに統一感のある曲でまとめた導入部、このあたりで個人的に好きな曲は03ですが、この曲の手拍子って結構みんなできるものなんですね。少し後れを取った感がありました。歌よりはリズムと振り付けを重点的に楽しむ形でしょうか。


05.クレナイの季節
06.恋のヌケガラ

このあたりシングル曲を惜しみなく連発していて後半の構成が少し気になるところ。ただ冷静に美勇伝の持ち歌を考えると必ずしもシングル曲が切り札でもないので正解か。
それにしてもこのあたりで歌の安定感に気がつきました。梨華ちゃんは特に声がよく出るようになった気がします。最後まで不安に思うような箇所は特に無かったような。そうなると06の振り付けのカッコ良さもますます生きます。
この後三好ちゃんを除いた2人でトークの時間。内容は主に梨華ちゃんが写真集撮影でロスまで行った話でした。


07.22歳の私 / 三好絵梨香
08.ね~え / 岡田唯
09.好きすぎてバカみたい / 石川梨華

さあ、問題のソロ曲パートですが…まさか『22歳の私』が歌われるとは考えもしませんでした。小規模なイベントでは他の機会でも歌われていたことは知っていましたが、1000人規模のステージで22歳というゴロ合わせだけでこういう選曲になるのはどうかと。こういうのもハロプロという枠の面白さと考えていますし私自身積極的に肯定することだってありますが、他の人が歌っても良い曲とやっちゃダメな曲はあると思います。3人の個性を見せていく考え自体は必要ですけどね。


10.シュワッ
11.唇から愛をちょうだい

前半戦の締めとして新曲のC/Wと度々歌われる『唇から愛をちょうだい』を持ってきています。『シュワッ』は可愛らしいポップスだった記憶があり、好きになる予感アリでした。

ここで前回ツアーで大好評だったVTRコーナー。岡田ぎゅー健在。


12.ひとりじめ
13.紫陽花アイ愛物語
14.カッチョイイゼ!JAPAN

和服とチャイナドレスとチマチョゴリの中間のような衣装はここでしたっけ。あの衣装ちょっと好きでした。このパートは13で扇子を使った振り付け、14では今風に言えば「エア大太鼓」とでも言うべきバチを使ったアクションと、小道具を使ったステージでラストへ向け盛り上がりを見せます。メンバーのパワーも落ちないのが素晴らしい。また、早くもシングル曲を使い果たしているところもちょっとしたポイントです。


15.内心キャーキャーだわ!
16.美~Hit Parade~
17.終わらない夜と夢

17の『終わらない夜と夢』は定番としても、なかなかマニアックな終盤戦という印象。そんな流れでも否応ナシの説得力を見せつけたのは、やはり美勇伝リーダーの梨華ちゃんでした。自分にとって象徴的だったのが16のサビで、大きく手を振る振り付けで他の2人は肘を中心に手を振るんですが、梨華ちゃんは腕が下まで降りてくるのでダントツに大きく見えるし爽快です。コンサートの終盤であれだけ大きい振りを何のためらいも無くできるあたりに真骨頂を見た気がします。


E1.銀杏~秋の空と私の心~
E2.愛~スイートルーム~

ハッキリ言って本編が終わったところまででは結構不満もあったんです。それはまさにアンコールのこの2曲が歌われていなかったからですね。これらがアンコールに選ばれたということが嬉しくてホッとして、幸せな気分でエンディングを迎えることが出来ました。ま、本当は『曖昧ミーMIND』も聞きたかったんですが今回は大目に見ましょう。


美勇伝の持ち歌に関しては私個人の意見としてはアタリハズレが大きく出る印象を持っているのですが、ちゃんとアタリの曲が大事な曲として扱われているところに意義があると感じています。そして3人共ですが、声の力強さや持久力に向上が見られたのも良かったです。『リボンの騎士 ザ・ミュージカル』の成果が出ているのでしょう。何かと過激な衣装が注目されがちの公演ではありますが、むしろそれよりも3人の楽しく歌い踊る姿に注目してみてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。